« REVEAL THE SHIELD ジャズ  | トップページ | FansProject TFX-04 プロテクター »

2010年12月27日 (月)

BOTCON 08 ジャズ

RTSのジャズが来るまで、ずっと飾っていたのがコレ

Cimg8647

ボットコン2008限定ボックスセットのジャズです。

このジャズは、“シャッタードグラス”という、善悪の逆転した世界観のキャラクターで、冷酷な性格なEvil Autobotの一員です。

フィギュア的にはギャラクシーフォース期に発売された“オートボルト”のリデコです。

Cimg8656

ビークルモードはブガッティ・ヴェイロンふうのスポーツカー。

ジャズ特有のマルティーニカラーを再現するために、ボディ全体にストライプのタンポ印刷が施されているのが豪華です。

あくまで、悪のオートボットなので、所々物騒な単語が印刷されているのもポイントです。

Cimg8655

コチラはウイングを取り払ってみたところ。

ルーフ~ドア部分はクリアパーツに白塗装なので、浮いたカンジになっていますが、その他の部分は白の成型色で、パールがかった白になっています。

ちなみに、ルーフ後ろのラブサインは自前で貼ったものです。あしからず。

Cimg8654

パーツ配置が大胆ですが、新規造形の頭部と、ストライプのおかげでちゃんとジャズに見えるようになっています。

ちなみに、このジャズは悪の戦士ですが、自分の行うことにスタイルを求めて行動する点、地球の文化に興味津々という点は、いつもの世界のジャズと変わらず、こっそり地球の通信を傍受してはその文化に魅了されているそうです。

モットーは、

「スタイルをもって破壊するか、何も破壊しないかだ。」

です。かっこいい!

Cimg8651

さて、新規造形の頭部の造形ですが・・・カッコ悪くはないんですが、少々オヤジっぽい造形・・・ちびまる子ちゃんの藤木くんっぽい気もします。

Cimg8649

前述の通り、元々はギャラクシーフォース期のアイテムなので、シリーズのメインギミックだった、イグニッションギミックも残っています。

この型の場合は、背中のスロットにフォースチップを差し込むことで、型にミサイルポッドが出現します。

Cimg8650

ウイングはライフル?ボウガン?のような武器に。

さて、僕はボックスセットの中で、このジャズだけ欲しかったので、イベントなどでの単品売りを狙っていました。
あるイベントに行ったときに、丁度バギー品のこいつが売られていたので買おうと思って、売り子のオヤジに声をかけたところ、オヤジが

「あれ?値札ついてないなあ・・・うーん、これは980円くらいだよね?」

と、何故か僕に尋ねてきて、心の中で、んなアホな!?と思った、というエピソードがあります。

長らく飾っていたこのジャズも今日でしまうことにしました。

Cimg8658

フィギュアを買いまくっている皆様は、片付けるときはどのようにしまっていますか?

僕は箱やブリスター、取説はきちんと保存しておく派ですが、中身や付属品は小袋に分けて、別にしまっておくことにしています。

そうすると、ケースの入れ替えの時に便利ですし、いちいち元のパッケージに戻そうとして、箱やブリスターを痛めてしまうのを避けるのも目的の一つです。

« REVEAL THE SHIELD ジャズ  | トップページ | FansProject TFX-04 プロテクター »

Other」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« REVEAL THE SHIELD ジャズ  | トップページ | FansProject TFX-04 プロテクター »