« BOTCON 07 ドレッドウィンド | トップページ | CLASSIC ミラージ »

2010年12月 3日 (金)

figma 仮面ライダー ドラゴンナイト

極力トランスフォーマー以外のフィギュアは買わないようにしているんですが、たまーに買っちゃいます。

大体後悔することになるんですが・・・

今日は、ノリで注文してしまったfigma ドラゴンナイトを紹介します!

Cimg8326

バンダイ以外のメーカーのライダーフィギュアということで、どういう仕上がりなのかな~という期待を込めて買っちゃいましたconfident

さて、「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」は、日本では2002年から翌年にかけて放送された「仮面ライダー龍騎」の海外版で、龍騎とはライダーのデザイン以外は全く別物の作品です。

このドラゴンナイトも、城戸くんが変身するのではなく、キットくんが変身します。

そんな前書きはさておき、

Cimg8327

このフィギュアはメディコムトイが発売元になっていて、どうやらメディコムを通すことで版権をクリアしているようです。

Cimg8328

フィギュアの造形も、美少女フィギュアで有名なマックスファクトリー!
素晴らしい造形!

アドベントカードがプラにキッチリとタンポ印刷で仕上げられているのに好感が持てます。
ちっさいパーツですが結構コストかかってるんじゃないかな?

Cimg8355

股関節は薄いラバーで覆われているので、まるで実際のスーツのような出で立ち!
特撮ヒーローがモチーフという点にウェイトを置き、極力関節が目立たないように作られているのが分かります。

Cimg8357

figma共通の仕様として、手首のバリエーションも豊富で、且つ、取り出しや交換がし易いように、手首をまとめて挿しておけるホルダーが付いています。

これはかつてタカラがミクロマンシリーズでも同じことをやっていました。
実に地味な上に金もかかる仕様ですが、ユーザーフレンドリーです。

Cimg8335_2

ベントカードや召還機に留まらず、ドラグクローなども精密な造形です。
ABSやPVCなど、素材の使い分けも秀逸。

Cimg8339

しゃぁっ!ってカンジで龍騎でおなじみのポーズもキマってます。
↑の写真だと分かり易いかもしれませんが、一見のっぺりしたマスクも、キチンとエッジの利いたメリハリのある造形です。

Cimg8342

ガードベントで出現するアーマーの造形はややダルいのが残念ですが、それ以外はほぼパーフェクトな出来じゃないかな。
すごく良く出来てます。ホント。

Cimg8345

このアイテムの一番の“ウリ”であろう、股関節のおかげで、

「龍騎のフィギュアだ!」というより、「龍騎だ!」

というカンジが出てるんですよ(意味不明ですね

Cimg8346

それではファイナルベント。

Cimg8347

これまたfigma共通で付属するスタンドも非常に優秀!

Cimg8349

Cimg8351

股間のラバーは見た目よりもずっと自由度が高く、立膝もキチンとつけます。

僕はバンダイのS.H.フィギュアーツも時々買い集めていますが、このfigmaドラゴンナイトは、目の質感や、変身ヒーローの持つ重量感ではフィギュアーツに劣るものの、値段も作りも負けていないどころか、勝っていると感じます。

コレ触って速効、トルクとストライクを予約しちゃいました。

Cimg8340

ちなみに、figmaには↑のような小袋が付属し、とにかくユーザーフレンドリーな仕様です。

« BOTCON 07 ドレッドウィンド | トップページ | CLASSIC ミラージ »

ACTION FIGURE」カテゴリの記事

コメント

いつの間にかリニューアルしてて吹いた!
このシリーズって関節が目立たないよね。
ホントにライダーがそのままちっちゃくなったような感じ。

投稿: カイアレア | 2010年12月 4日 (土) 21時27分

股間のラバーパーツの経年劣化が心配・・・っちゃあ心配。

投稿: FuRyo | 2010年12月 6日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BOTCON 07 ドレッドウィンド | トップページ | CLASSIC ミラージ »