« CLASSIC ロディマス | トップページ | BOTCON 08 ジャズ »

2010年12月26日 (日)

REVEAL THE SHIELD ジャズ 

BBTSから二か月分のTFがドカーンと届いたので、新シリーズ・REVEAL THE SHIELD(以下RTS)からジャズを紹介します。

RTSは、はっきりとした世界観の定まっていないシリーズですが、フィギュア的にはクラシック3.0に当たるシリーズだと言われています。

ホントはファンプロの新作を紹介しようかな~

などと考えていたんですが、ジャズを開けたらその素晴らしさに感動したので、予定を変更です!!

Cimg8621

慌てて開けたので、開封後の写真ですが、パッケージはこんなカンジ。

イラストがかっこいい!
ちなみに、バックカードのテックスペックチャートはなぜかムービー版に準じています。

Cimg8622

ポルシェ935と、ポンティアック・ソルスティスを足して2で割ったようなデザインにされているようですが、なんとなくFTOに似たビークルモードです。

Cimg8623

テールランプが塗装されていないこと、白い塗装部分に擦り傷が目立つこと、それだけがこのTOYに感じた不満点です。あとはナッシング。もうこれを待っていたという出来ですよ!

Cimg8624

RTSから新たなに導入された感温シール。指で暖めると所属陣営のエンブレムが浮かびあがります。

Cimg8628

ガチャッとドアを開いて・・・

Cimg8630

初代アニメの「マイスター自慢のノイズアタックを受けてみろ!」でお馴染み、スピーカーを展開することが出来ます。

Cimg8627

ビークル裏。この密度さえ素晴らしく思えてしまう!

武器をフロント下に収納出来ますが、ロボットモードではキッチリ収納出来ないのが少々残念なところです。

Cimg8631

変形は、比較的旧玩具を踏襲していますが、ボンネットを折りたたむ際、連動して頭部が自動的に起き上がるようになっています。
これはムービー版ジャズにもあったギミックですが、それを意識したのかは不明です。

Cimg8634

言うまでもなくプロポーションは良好。写真では肩の位置が下がり気味ですが、ここは付け根ごと上下に調整出来るような作りになっていて、写真のように下げて力を抜いた立ち姿にも出来ますし、いかり肩にすることも出来ます。

Cimg8635

頭部の造形も文句なしにカッコいいと思います。

Cimg8639

正面から。

前腕や脚のスリット状のデザイン、腹部のディティールなど、旧玩具を意識した記号が全身にあしらわれていて、正にリメイク!!といった仕上がり。

足首は左右の可動こそありませんが、元々接地角の切られたデザインになっており、接地性も良くなっています。

Cimg8643

首、手首はボールジョイント可動で、細やかな表情付けが可能です。
また、腰には回転軸が設けられているのも素晴らしい点です。

Cimg8640

本当に素晴らしい出来で、買ってロボットモードにしたらケースに入れるか、、買っても未開封で眺めて満足な僕でも、あと2体くらい買って、ガチャガチャ弄りたいくらいです。

Cimg8645

今まで代役を務めてくれたシャッタードグラス・ジャズには今日で引退してもらうことになりました・・・

Cimg8646

Let's Roll!!!!!!

こんな適当な写真ではこのTOYの魅力は5%も伝わらないと思うので、年末年始で実家に戻ったら、適当なショップで二個目を購入して、久々にキチンとした撮影環境で撮った写真を使って記事を書きたいと思います。

ちなみに、G1ジャズのモットーは

「スタイルを持ってやるか、そうでなければやらないことだ」

です!
ジャズは何事にもスタイルを持ってスマートに行うことを意識しているというキャラクター。
また、地球の文化が大好きで、特に音楽に興味を持っているという設定です

モットーだけ見ると、何言っちゃってんのコイツ?いいから黙ってやれよ!と思いたくなりますが、実際は陽気でフレンドリーなキャラクターで、しかも実力者ときています。

映像媒体ではあまり目立つ活躍はありませんが、僕がTFで最も好きなキャラクターです。

« CLASSIC ロディマス | トップページ | BOTCON 08 ジャズ »

REVEAL THE SHIELD」カテゴリの記事

コメント

まさにリメイクの鏡って完成度だね。
ジャズ愛を感じるレビューだったw

投稿: カイアレア | 2010年12月26日 (日) 20時10分

バイナルテックもリメイクの一つの完成した形だと思ってたけど、やっぱりこういう手軽なサイズが一番かな~、と。

投稿: FuRyo | 2010年12月27日 (月) 07時36分

JAZZファンも納得の仕上がりのようで、これは楽しみ。
僕は日本版を注文してるのでもうちょっと先ですが。
バイナルテックも良いものですが、並べるにはちとデカ過ぎでしたし、
なによりもストライプ重要ですね。

投稿: シンのすけ | 2010年12月28日 (火) 04時45分

日本版は海外版でおざなりだったリアがちゃんと塗装されているみたいですね。
僕も日本版を買うか迷います…

バイナルテックはデカくてずっしり、ひんやりで、合金トイとしてより進化した、別の完成系だと思います。
今思うとプロポーションも旧玩具っぽいですよね(笑

投稿: FuRyo | 2010年12月30日 (木) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CLASSIC ロディマス | トップページ | BOTCON 08 ジャズ »