« Universeスペシャルエディション ドラッグストリップ | トップページ | サイバトロン医学博士 サントン »

2010年12月 6日 (月)

Universeスペシャルエディション オーバーキル

前回のドラッグストリップに続き、同じくスペシャルエディションのオーバーキルを紹介!

09122013

オーバーキルは旧玩具ではカセットロンの一員。

アニメでは2010劇中で唐突に1カット登場しました。

Cimg8385

モノはクラシック グリムロックのリカラー。

このシリーズはクラシックラインのようにラブサイン、つまりシークレットエンブレムが貼られていません。

グリムロックはわざわざラブサインを貼る為のスペースが用意されているので、折角なので貼ってあります。

Cimg8384

当然ロボットになれますが・・・

旧玩具はカセット⇔恐竜なので、うーん・・・ロボットになってもねえ?

という感は否めません。しかもまんまグリムロックだし。

Cimg8386

やっぱり恐竜モード固定でこそですね。

もう二度と変形させることはないでしょう・・・

さて、オーバーキルは前述の通りカセットロン出身の兵士です。

バイオには、これまではサウンドウェーブのパートナー兼奴隷として、彼に縛られていたが、最近大きなボディを獲得したことで自由を得たとあります。

また、旧玩具ではその顎で車を半分にへし折れるとありましたが、今ではトレーラートラックを半分にへし折るそうです。

Fightsend_2

自由を得た彼は、ブラジオン軍への仲間入りを果たします。

ブラジオン軍団はどいつもこいつもしょうも無い連中の寄り集まりという感が、ストーリーの終焉を感じさせて素晴らしいと思います。

« Universeスペシャルエディション ドラッグストリップ | トップページ | サイバトロン医学博士 サントン »

Universe (2008)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Universeスペシャルエディション ドラッグストリップ | トップページ | サイバトロン医学博士 サントン »