« Universe(2008) ロディマス | トップページ | PCC マッドスリンガー with デストラクティコン »

2011年1月 4日 (火)

PCC ボムショック with コンバッティコンズ

僕は年末年始のどちらかは友人たちとオモチャ屋巡りをするのですが(オタクの集いですshock)、今年は女っ気のない年末年始だったので、いつも以上に巡ってしまいました。

基本的に輸入ショップは高いので、そういった店では買わないことが多いんですが、仲間と趣味の話をしながら買う機会もそうそうないので、付き合いを兼ねて買ってしまいます。

Cimg8738

そんなわけで、今回はコレ!

パワーコアコンバイナー(以下PCC)のボムショックです。

PCCシリーズは、コアとなるTFにドローンを接続することで、大型のロボットにパワーアップし、別売りのミニコンをパワーアップアーマーとして取り付けることも出来るシリーズです。

“合体”がウリの一つですが、そのプロセスが非常にカンタンなため、ブロック玩具的な要素の強いシリーズだというのが、僕の個人的な意見です。

Cimg8739

さてさて、なかなか無骨なテイストが溢れるカッコイイボックスアートで、

「こいつはどんなキャラクターなんだろう!」

とワクワクしますが、バイオによればドローンを率いるエリート戦士だよ!程度しか書いていません。

PCCは明確な世界観やキャラクター設定が与えられていません。
ようするにユーザーの想像する世界観で活躍させようね!ということなんでしょう。

僕を含め、大きいお友達はそんなことしている余裕はない(と思う)ので、ジェネレーションズやRTSなどのG1リメイクシリーズと比べると、対象年齢が低く感じます。

Cimg8740

そんなわけで、ブロック玩具みたいなこのロゴ、結構秀逸だと思います。

Cimg8741

余談ですが、このPCCシリーズ展開時から、フィギュア梱包用のハリガネが、コヨリになっています。
これは環境対策とコスト削減が目的だそうです。

Cimg8744

こちらが、ボムショック。コンバッティコン・ドローンのリーダーだそうです。

この状態のサイズが大体スカウトクラス程度です。

Cimg8745

PCCシリーズは明確な世界観が定まっていないと前述しましたが、顔のデザインはムービーとそれ以前のシリーズをごちゃまぜにしたようなふうになっています。
一方で胸にプリントされた軍団シンボルはムービー版とは異なる図柄になっています。

Cimg8746

ボムショックは自走砲?にトランスフォームするのですが・・・

Cimg8748

なんだか薄っぺらいし、どっちが前で、どっちが後ろかわかりにくいデザインです。

Cimg8749

砲塔の旋回が出来、砲身には仰角を付けることが出来、砲塔中心にあるジョイントには別売りのミニコン(マイクロン)を取り付けることが出来ます。

このセットはコアとなるボムショックと、ドローン×4で構成されていますが、単体でビークル⇔ロボットの変形をこなすのは、ボムショックのみです。

Cimg8742

こちらは合体時に両腕を構成するドローン。

ドローンのサイズは“トミカ”程度です。

Cimg8743

こちらは両脚担当。

ドローンにはそれぞれ腕か脚かの担当があり、左右の入れ替えは出来ても、脚担当を腕に変形させることは出来ません。

ただ、ジョイント規格が共通なので脚担当を肩に取り付けることは可能なので、もしかすると、カッコいいオリジナル合体も出来るかもしれません。

Cimg8751

水色のキューブがPCCジョイントで、ここにドローンを取り付けると、

Cimg8752

内部に格納されているパーツが押し出され、腕や脚に一発変形します。

逆に、接続された腕や脚を引き抜くと、トーションバネの力で元の形状に一発変形する仕組みです。

他のセットに付属しているドローンと手足の入れ替えが出来る、というのがPCCシリーズのウリですが、この一発変形ギミックによって、いちいち手動で変形させずに、気軽に組み替え遊びが出来るストレスフリーな作りになっています。

Cimg8753

TFの合体戦士は、手首や足首が別パーツ・・・というのが今までのパターンだったので、手首?や足首を内臓しているのは新鮮です。

手がカギヅメ状だったり、やや異形なデザインなのは賛否が分かれるところでしょうか。
僕個人としては、やはり5mm穴の開いた拳を内臓してほしかったところです。

Cimg8755

背中から伸びたキャノン砲や、兵器がデザインモチーフな点がブルーティカスに似ているため、このボムショックが2009年のUKトイフェアで初めて公開されたとき(確か2009年で合っていると思います!)、ファンの間では

「ブルーティカスだ!」

と騒がれていました。

Cimg8761

ちなみに、他のセットに付属しているドローンと組み合わせることで、このような比較的左右対称なシルエットにもすることが可能です。

Cimg8756

合体時のサイズはヴォイジャークラス強。

ディティール密度が高く、ミニコンを取り付けて多少のボリュームアップも図れますが、前後に薄く線の細い体型なので、手に取った感じはずっと小さく感じます。

Cimg8758

Cimg8759

ここからは完全な余談ですが・・・

久しぶりに東京に帰って、オモチャ屋を見ていると、結構かっこいい男の子(多分高校生くらい?)が夢中でTFを見ていたりする場面をちょいちょい見ました。

ああ、なんてもったいない!

せっかくイイ顔なのに、TFなんぞに金を使うなんてなんて勿体ないんでしょう。

学生さんの経済力はオシャレに注ぐべきだ!女子との交遊に注ぐべきだ!

と心底思います。

横目でチラチラ見ていたら、友人には、

「余計なお世話だよ」

と言われてしまいました。全くその通りでございます。

僕も、今からでも佐藤健みたいなイケメンになれませんかね?え?ムリ?

« Universe(2008) ロディマス | トップページ | PCC マッドスリンガー with デストラクティコン »

POWER CORE COMBINERS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Universe(2008) ロディマス | トップページ | PCC マッドスリンガー with デストラクティコン »