« FOXKIDSリペイントバージョン エアレイザー | トップページ | ユナイテッド レックガー »

2011年2月26日 (土)

ライオジュニア・ブラックバージョン

こんにちは。
僕は他所様のトランスフォーマーレビューサイト・ブログを見るとき、ある二つの点に魅せられ、惹かれることがあります。

・ディスプレーケースの写真がUpされている。

・一つの型のアイテムのバリエーションを多岐に渡り、詳しく紹介している。

一つ目は僕の趣味に過ぎませんのでまたいつか詳しく書くとして、二つ目について・・・

トランスフォーマーは同じ型の商品でも、色違い、リカラー品を多数発売するコンテンツです。
ガラリと印象の異なるものもあれば、
「え?これだけの違いなの???」
と、言われそうなものから様々です。僕個人としては、一つの型で沢山のカラーバリエーションが発売されるのは、同じ型の服でも、様々な色、時には柄違いのものが売られている感覚です。

TFたちにとって、ボディカラーはファッションのような意味合いもあるようですし、そのカタチに似合った服をチョイスする感覚でリカラー品も欲しくなってしまうのです。

その為、パッケージ上や宣材画像では分からない、細部の違いを紹介してくれているサイト様を見ると、なるほど~!と思いますし、自分とは異なる目の付け所に、そうだったのか~!、そういう見方もあるのか!と唸らされるわけです。

前フリが長くなってしまいましたが、そんなわけで今回紹介するのは・・・

ジグソーパズル付属のライオジュニア・ブラックバージョン!
ビーストウォーズⅡの
ライオジュニアのリカラーです。

Cimg9251

ちなみに、このジグソーパズルとは別にもう一種、別の絵柄のパズルが存在し、そちらには、ホワイトバージョンのライオジュニア(白いボディに黄色のタテガミ)が付属します。
こちらは未所持な為、いずれ入手してゼヒとも紹介したい所です。

Cimg9253

箱をパカッと開くと、インナーブリスターに収められています、

Cimg9254

このライオジュニアには設定が一切与えられておらず、単に黒いカラーリングのライオジュニアというだけです。

Cimg9255

ロボットモードでは、真っ赤なタテガミが炎をまとっているようにも見え、単体でもそれなりの格好良さ。

Cimg9256

全体的にツヤのある黒の成型色も美しい仕上がりになっていて、ジグソーパズルのオマケフィギュアにしておくには惜しい一品だと思います。

・・・でも、やはりライオジュニアの真骨頂は・・・

知恵と!

Cimg9228

勇気と!

Cimg9227

仲間への愛!

Cimg9260

三つ揃って、合体戦士マグナボス!

スカイワープサントンとの合体です!

Cimg9261

ノーマルのマグナボスは髪の毛とフード部分の一体感が良い感じですが(空条承太郎の帽子のよう)、こちらはフェイスペイントと赤と赤毛に一体感があります。

赤毛がまるで、歌舞伎で被る獅子毛のようです。
毛をぐるぐると振り回す“毛振り”のアレ!

胸板や太腿の金色の縁取りも相まって、どこか和風な雰囲気すら感じます。

サントンの海外版である、“アイアンハイド”は金色の塗装が無いため、アイアンハイドと合体させると、プレーンでソリッドな印象になるかもしれません。

Cimg9263

また、メガトンソードは鍔~柄にかけた部分が黒になったため、ノーマルのメガトンソードに比べてへヴィです。

Cimg9264

マグナボスを二体並べると、なんだかRPGに出てきそうな巨人のガーディアンのよう!荘厳!

このライオジュニア・ブラックバージョンを入手したときの為に、集めたジャンク品のビーストの中からサントンとスカイワープをリペアし、予備を作っておいた甲斐がありました。
出来れば新品が欲しいのですが、ノーマルのライオジュニアがデッドで入手したものでは無いですし、まあ、いいかな~

近いうちに海外版マグナボスが欲しいところです。でも、e-Bayでもイマイチ高いんですよね・・・
3000円くらいでデッドストック売ってないかな!

全てのマグナボスバリエーション(4体)が揃ったら、ケースに入れて飾ってあげたいなーsunと思っております。

« FOXKIDSリペイントバージョン エアレイザー | トップページ | ユナイテッド レックガー »

ビーストウォーズⅡ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FOXKIDSリペイントバージョン エアレイザー | トップページ | ユナイテッド レックガー »