« ライオジュニア・ブラックバージョン | トップページ | ユナイテッド カップ »

2011年2月27日 (日)

ユナイテッド レックガー

ユナイテッドの新商品が届きました!

Cimg9266

というわけで、今日はレックガーを紹介したいと思います。

このレックガーはユナイテッド第三弾として発売され、同時発売はカップ、パーセプター、ブラーです。

レックガーは惑星ジャンキオンの住民で、そこに住むジャンキオンという部隊(というよりゴロツキ連中)のリーダーです。

Cimg9267

2010展開当時では比較的珍しいバイクモチーフキャラクターでした。
旧玩具とは異なり、今回はほぼ完全なオフロードバイクに変形します。

Cimg9269

サスペンションやライトの表現が秀逸です。

Cimg9270

近年のバイクTOYではおざなりにされがちな、タコメーターの再現や、給油口のディティールもバッチリ!

安全基準の都合上、軟質パーツになっていますが、バックミラーやアクセル、ブレーキもシャープな造形になっています。

Rideon

ザ・ムービー”ではバイク(仲間)に跨り、仲間同士入れ替わりで変形してオートボットを追いかける描写が印象的でしたが、今回のユナイテッド版ではそのシーンが再現出来るようになっており、バイクモードのレックガーのシートに設けられたジョイントに、ロボットモードのレックガーの股間を差し込むことでしっかりと搭乗状態で固定出来るようになっています。

TFファンの間では、ジャンキオンといえばそのシーンが思い浮かぶ位、有名なシーンです。

モチロン、再現するためにはレックガーが二体必要ですが・・・
沢山買って、珍走団を結成させたら楽しそうです。

Cimg9276

アンシメトリカルなデザインのロボットモードが、ジャンキオンらしいと思いませんか? 

ユナイテッドの世界観は厳密にはG1ユニバースではありませんが、ほぼ同一の世界観を持ち、G1レックガーその人をイメージしたキャラクター付けが為されています。

レックガーは独特の口調で話すというキャラクターで、日本版アニメでは語尾に~アルを付ける、エセ中国人といったカンジでしたが、海外版では・・・分かり易く言うと実写映画のバンブルビーの喋り方と似ています。

つまり、テレビ、ラジオなどから特定のフレーズをピックアップして会話するといった具合です。

Cimg9277

僕は国内版アニメイテッドから続いている、キャンディ塗装にはあまり肯定的でないのですが、このレックガーは塗装面積が広すぎない為か、素直に塗装が美しいと感じました。

これで腹部の塗装がシルバーだったら言うこと無いのですが・・・!

また、レックガー独特の顔の造形をはじめ、可動範囲も広く、素晴らしい出来栄えです。

Cimg9283

手に持っているバトルアックスはバイク時ではホイールとエギゾーストパイプになっており、ロボットモード時に展開することで、4枚の刃が連動してせり出す仕組みです。

Cimg9280

今回紹介したレックガーは本当に気に入りました!
フィギュアの出来が素晴らしいというのもありますが・・・僕は可変バイクのTOYが大好きなんです!

よろしければ、当サイト過去ログの“TRANSFORMABLE CYCLE”コーナーもご覧下さい。
少なくとも、今よりもずっと綺麗な写真で可変バイクTOYを紹介しています!

Cimg9286

« ライオジュニア・ブラックバージョン | トップページ | ユナイテッド カップ »

ユナイテッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライオジュニア・ブラックバージョン | トップページ | ユナイテッド カップ »