« e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET ロディマス | トップページ | Universe(2008) ウィーリー »

2011年4月11日 (月)

e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET カップ・ダメージバージョン

今日はイーホビー限定のフィギュアを紹介します!

最後はカップ・ダメージバージョンの紹介です。

Cimg9469

通常版のカップは記事はコチラ

Cimg9493

このカップはダメージバージョンということで、擦り傷のようなダメージ表現がされています。

Cimg9494

ダメージ表現は筆で適当に塗ったようにも見えますが、タンポ印刷のようです。

大味なダメージ表現や、ビークル、ロボットモード共にプリントがされている点は好みが分かれそうです。

カラーリングはメタリックのキャンディ塗装が印象的だった通常版と異なり、成型色が剥き出し。
これをチープと捉えるか、扱い易いと感じるかは人それぞれでしょう。
僕個人としてはメタリック塗装はあまり好みではないので、今回の仕様は大変好みです。

Cimg9495

荷台の底面は鮮やかなエメラルドグリーン。
ちょっと違和感を感じますね・・・

Cimg9496 

ロボットモードでは太腿が鮮やかなグリーンです。

通常版がグレーだった為、かなり印象が変わっていますが、これは旧玩具を意識したものだと思います(旧玩具の太腿はグレーと鮮やかなグリーンのパーツの前後分割構成)。

ただ、使用している色は旧玩具と近くても、配置が大きく異なるので、旧玩具のイメージとは大きくかけ離れています。

あくまで、個人的な意見、感想ですが、このカップは上半身がスマートで曲線の多い構成に対して、脚は直線的で太いデザインなので、上半身と下半身のボディバランスがチグハグな印象でした。その上通常版は太腿がグレーであるため、ボディバランスのチグハグさが余計に増長されてるように感じました。

一方で、今回のダメージバージョンでは、太腿が上下のカラーと同系色になったことで、やや纏まりが良くなったように感じます。

Cimg9497

採光はなんとなく通常版より良い気がしますが・・・多分気のせいかな?

Cimg9501

ところで、このカップは、Cジョイント対応バーが豊富で、それも絶妙な位置にあります。

Cジョイント付きの武器はかなり豊富になってきましたが、キャラクター独特の武器にCジョイントが付いていることが多く(例えばレックガーの斧、ジャズのスピーカー等)、無個性で汎用性の高そうな武器はまだまだ少ないのが残念です。

今後に期待でしょうか?
個人的にはNESTラインで発売された“リーコン・アイアンハイド”に付属していたような武装をもっと充実させて欲しいと思います。

« e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET ロディマス | トップページ | Universe(2008) ウィーリー »

ユナイテッド」カテゴリの記事

コメント

旧玩具の色再現は嬉しいですね。
なで肩なのは僕も旧玩具へのオマージュの様に思いました!
腕が妙に細いのも‥
このダメージ表現はなかなかに冒険していると思います。

ビークルモードのモチーフから、リペ&リデコでコンボイになるな!
と妄想しましたが、したとしても腕の細さからして迫力不足になるでしょうね(^-^;

投稿: スパズマ | 2011年4月11日 (月) 20時20分

コメントありがとうございます~

この型をコンボイにするというと、オライオン・パックスのようなカンジですかね(笑
海外版のマニュアルだと、リデコ用の頭部のイラストが乗っていますが、何のキャラクターだか、イマイチ検討が付かないんですよね;

投稿: FuRyo | 2011年4月12日 (火) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET ロディマス | トップページ | Universe(2008) ウィーリー »