« 目録マガジンGCグラカオvol.2 まるごと1冊トランスフォーマーガム大特集 | トップページ | e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET ロディマス »

2011年4月 9日 (土)

e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET スクラップヒープ

今日はイーホビー限定のフィギュアを紹介します!

一日目は恐らくこのセットを買う誰もが一番の目当てであろう、スクラップヒープの紹介です。

Cimg9469

吉岡英嗣氏のイラストがかっこいい!

Cimg9470

箱を開けると、三体並んで梱包されております。
上から、レックガーの頭部リデコのスクラップヒープ(今回紹介するもの)、ロディマス、カップ・ダメージバージョン、です!

そんなワケでパッケージはかなりのボリューム。

Cimg9467

オマケ冊子として、このセットの発売に当たってキャラクターバイオと、e-Hobbyがメール配信したストーリーをまとめて掲載したものが付属します。

e-Hobbyの冊子は吉岡英嗣氏の描くアメコミふうのコミックであることが多いですが、今回は文章とやたら小さい写真を合わせたショートストーリー。

ストーリーの内容はともかくとして、バイオとテックスペックチャートは大変充実しており、キャラクター毎にモットーが書かれているのが何よりのポイントではないでしょうか。

近年、国内外ともにモットーは軽視されがちな要素なので嬉しい限りです。

Cimg9466

更に、なぜか本文下に英訳文が掲載。

e-Hobbyは海外への発送は行っていないので、二次流通を考慮しているということなんでしょうか???

Cimg9471

さてさて、スクラップヒープ本体ですが、ご覧の通り大変地味な配色です。

ユナイテッドラインのコンセプトでもあるメタリック・キャンディ塗装は無し。
RTSやジェネレーションズラインと並べても全く違和感の無いカラーリングになっています。

Cimg9478

このスクラップヒープはジャンキオンの大群の中の一人を意識したデザインで、頭部のデザインも主張しない地味なものになっています。

スクラップヒープのコードネーム自体は映画“ザ・ムービー”が初出で、劇中で名前が呼ばれることはありませんが、ジャンキオンのモブシーンで大量に描かれた内の一体でした(頭部のデザインはゴーグルタイプに鼻や口のあるタイプ)。

スクラップヒープの語源は“SCRAP HEAP=ごみの山”。

Cimg9480

造形はシャープで良いのですが、ゴーグルの塗装マスクが曖昧なのと、僕の個体はマスクにチップ痕があったのが残念です・・・

Cimg9482

レックガーをレックガーに乗せると、同じ色なので、乗っている方と乗られている方の境界がぼやけがちですが、スクラップヒープは地味の配色によって、対照的に派手なレックガーに対して、良い意味で浮いているのがグッドです。

« 目録マガジンGCグラカオvol.2 まるごと1冊トランスフォーマーガム大特集 | トップページ | e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET ロディマス »

ユナイテッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目録マガジンGCグラカオvol.2 まるごと1冊トランスフォーマーガム大特集 | トップページ | e-HOBBY限定 TFユナイテッド Autobot SET ロディマス »