« BOTCON 2011限定 オートトルーパー | トップページ | DOTM HA ホワールwithスパークプラグ »

2011年6月18日 (土)

DOTM メックテックシリーズ ボルテックス

今日はDOTMラインからボルテックスを紹介しまーす。

Cimg9739

2010年10月ごろに発売されたトランスフォーマー オートボットアライアンスラインの、トマホークのマニュアル内でその存在が示され、以降、何のアナウンスもありませんでしたが、この度めでたく商品化されました!

ボルテックスは、G1でいうところのコンバットロン・ボルターの海外名がオリジンで、ボルターもヘリコプターをモチーフとするキャラクターです。

トマホークのマニュアル内にその頭部図案が描かれた際、ファンの間ではG2期に発売されたパワーダイブのリメイクだと言われていました。

実際に頭部の意匠はパワーダイブに似ているように見えます。

また、個人的にはカラーリング、頭部の意匠共に、ゴーボッツに登場するレネゲイド軍団のコ・プターにも似ているように見えます。

Cimg9741

さて、本題に入る前に今回のツッコミポイントその1。パッケージアートがすげェ手抜き!
これ、写真の加工じゃんか!happy02

Cimg9742

その2。ものすげェ手抜きなキャラクターバイオ。
三行てcoldsweats02

TFはキャラクター性がウリの一つなんだから、TOYでしか登場しないこういうアイテムこそ、キャラクター性を匂わせるパッケージアートや、バイオはきちんとして頂きたい。

さて、ボルテックスの語源は、“Voltex”=渦です。

ヘリコプターのローターの回転からの発想で間違いないと思います。

Cimg9744

変形モチーフは戦闘ヘリ。
ユーロコプター社のタイガーに近い等と言われています。

Cimg9745

付属のメックテックウェポンが懸架出来るように、機首には新たに5mm穴が設けられましたが、ランディングギアと干渉するため、着陸状態で懸架することは出来ません。

すごい片手落ち・・・

Cimg9749

全体的に細身のシルエットに加えて、トマホークで装備していたミサイルが削除された為、イマイチボリューム不足に感じます。

その代わりにメックテック武器が付属しているのですが、個人的には物足りなさを感じます。

Cimg9750

独特のデザインの新規頭部。元になったキャラクターが恐らくいると思うのですが、イマイチ不明瞭です。やはりパワーダイブでしょうか?

Cimg9747

Cimg9752 

一体何をソースにデザインしたのか、それとも全くのオリジナルなのかは不明ですが、色々なキャラクターに見えるという点が、手に取るファンの想像力を掻き立てるフィギュアだと思います。

これに関しては、あくまで個人的な意見なので、人によっては

「どう見てもボルターのリメイクだろう!」

と思われるかもしれません。

何はともあれ、そのザコ敵然としたルックスは、

Cimg9753

やられ役。

という言葉がお似合いです。

« BOTCON 2011限定 オートトルーパー | トップページ | DOTM HA ホワールwithスパークプラグ »

実写映画」カテゴリの記事

コメント

撮影が良いせいか、非常に魅力的に写ります。

G2とかEU期のTFを思わせる配色がカッコいいですね〜。
個人的にはトマホークの頭部よりデザインがハマってると思います!

投稿: スパズマ | 2011年6月19日 (日) 04時18分

>スパズマさん

いつもコメント下さりありがとうございます。


そう言われてみると、確かにスパズマさんの仰る通りに感じます(笑
トマホークはユニクロン三部作に登場しそうな、非常に現代的な顔付きと、ガリガリに痩せ細ったボディがややミスマッチかもしれません。
それもニンジャ的な格好よさなのかもしれませんが…

投稿: FuRyo | 2011年6月19日 (日) 13時27分

確かにボリューム不足ですよねロボットモード時のウイングがさみしいです。
あとカラーリングもアニメっぽくて他の実写シリーズと並べると浮いてしまうし。
でも結構気に入ってます

投稿: 通りすがり | 2011年6月19日 (日) 14時43分

>

コメントありがとうございます。
ボリューム不足で物足り無さを感じると記事内で書いてみたものの、この物足りなさ≒シンプルさがG1チックであるとも思っています。

投稿: FuRyo | 2011年6月19日 (日) 15時14分

もとになったって言うか
分からないですけど
マイ伝のラチェットに似てると
思います

投稿: MT | 2011年7月20日 (水) 22時02分

>MTさん

ようこそ。コメントありがとうございます。
元になったデザインを考察するのも楽しみ方の一つですが、なんとなく、過去のこのキャラクターに似ているな~と夢想するのもまた一興ですよね^^

投稿: FuRyo | 2011年7月23日 (土) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BOTCON 2011限定 オートトルーパー | トップページ | DOTM HA ホワールwithスパークプラグ »