« ROTF ホワール(マスター・オブ・メタリカトー) | トップページ | headrobots ブラッド・ザ・ダークウォリアー »

2011年9月 3日 (土)

headrobots ジャイロ

今日はいんちきアイテムの紹介です。

Cimg9819

無造作なパッケージに詰められているのは、ROTFラインのホワールに対応したレジン製のパーツです。

メガトイファンという通販サイトで、200個限定だったそうです。
ホンマかいな。
販売価格は35ドル。高い!!

ジャイロではなく、“ジャイオロー”なところがいんちき臭さ爆発です。何なの?剣心なの?

Cimg9820

それなりにカッコイイイラストの描かれたタグ。

これを外すと・・・

Cimg9821

フリージングバッグじゃねぇーかー!

そして、ムリヤリ気味に、元々の頭部をバラして取り付けると・・・はい!

Cimg9822

元々ボディカラーがガゼット風味なので、とってもオベロンガゼットになりました!
でも、頭部はホワールカラー。

Cimg9824

なぜ???でも、やっぱり頭部がちゃんとしているだけでもグッとカッコよくなりますね。例え、ボディが実写風味でも!

元々ホワールは異質な見た目なので、「そういう人」なのだと思えばいいんです。

Cimg9831

headrobotsがサイト上で公開していた、いんちき変形。

Cimg9832

背中をゴッソリ外してしまうと、それなりにシンプルになるかもしれません。

ところで、ファンズプロジェクトのクリフしかり、このテの少数販売いんちきアイテムは、日本国内で扱うショップは極僅かか、全く無い為、

「○○のアップグレードキットは、すごく出来が良い(らしい)!欲しい!でも激レア!」

というように、語られているのを時々見かけます。
でも、実際は多くの少数販売いんちきアイテムは、きちんと金型を起こして生産しているわけでは無いので、材質も安っぽいレジンですし、成型もグダグダのガタガタである場合が多いのです。

僕のように、一度変形させてしまったら後は飾るだけ。次に触る時はケースを清掃時か、しまうとき。というユーザーには良いのかもしれませんが、ガシガシ変形させて遊びたいユーザーにはオススメしません。

Cimg9826

銃パーツは、成型のグダグダさが顕著です。

Cimg9828

でもシンプルな手持ち武器が増えるとカッコイイ!
パッケージのタグに描かれたイラストのように、ローターを拡げてみるとハッタリが効いて良いカンジです。

Cimg9830

かっこいい。

Cimg9833

「Wreck and Rule!」

Cimg9835

« ROTF ホワール(マスター・オブ・メタリカトー) | トップページ | headrobots ブラッド・ザ・ダークウォリアー »

サードパーティー」カテゴリの記事

コメント

まさかのジップロック封入(笑)
てっきりABS素材と思っていたので驚きです。
しかし、写真で見る分には造形は気になりません!

TFの隙間産業って微妙に拡大してきてるんですね〜。

>headrobots
金型の減価償却を目論んでか(?)、最初にリリースされたコブラ型のヘッドマスターが今も
色々リリースされているようで驚きました。
検索するとGIジョーバージョンとか出てきてビックリ!

投稿: スパズマ | 2011年9月 4日 (日) 11時13分

いや、本当にまさかのジップロックでした(笑

投稿: FuRyo | 2011年9月 9日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ROTF ホワール(マスター・オブ・メタリカトー) | トップページ | headrobots ブラッド・ザ・ダークウォリアー »